合格率なんて気にしない!ファイナンシャルプランナー(FP)への道

ファイナンシャルプランナー試験の合格率

1級は、次に受けないとダメ?そんなことない? 

time 2016/12/19

1級は、次に受けないとダメ?そんなことない? 

FP1級の受験は焦らなくても良い?

FP2級試験とAFPがあれば、人生って冗談抜きで変わると思います!
あたしがその生き証人みたいなもんですから!

それじゃ、その先にある試験は受ける必要は??

たとえばFP1級とかありますけどね。
まあ、「焦らなくていいんじゃない?」ていうのがあたしの感想です。

どうしてかといえば、まず2級とAFPで就職できるから。

あ、言い切るのはダメですね。

人それぞれですから、中には失敗する人もいるかな、世の中って広いんだし。

でも、2級とAFPでまず就職する機会が盛りだくさんになると思います。

それにその先にある試験っていったら、まあFP1級のことでしょ?

あの試験って、簡単には受けられないのよ。
実務経験が何年もいるから、先にどこかの会社に雇ってもらわないとね。

FP1級の受験資格

そんなFP1級の受験資格をまずご覧あれ!

1.ファイナンシャルプランナー(FP)として、5年以上の実務経験の持ち主
2.ファイナンシャルプランナー(FP)として、2年以上の実務経験の持ち主、プラスFP2級の合格者

FP2級とAFPを受かってるなら、実務経験が半分以下になるっていうのは、やっぱりおいしい特権だよね。
たった2年だもの。

今って、どんな職業でも実務経験として堂々といばれるのって、「3年以上」なんていわない?
履歴書でも、3年はひとつの会社に奉公しないとダメっていうよね~。

話がちょっと脱線しちゃったけど、とにかくFP1級って2年は働かないと受けられない!
そこが大事なとこだよ。

だから、FP2級とAFPを取得できたのなら、さっさと就職活動に精を出すことをあたしは心からおすすめしたいんだよね。

じゃないと、ホント時間の無駄ですよ!